So-net無料ブログ作成

Ser un cero a la izquierdaの意味、由来、例文 [スペイン語の慣用句]

今日はスペイン語の慣用句の紹介です。

他のスペイン語の慣用句はこちら
随時更新中です!

今回は、数字を使った慣用句です。

それが、"Ser un cero a la izquierda"という表現。

直訳の意味は、「左側のゼロである」。

少し、考えてみると意味が分かるかもしれません。

Serは何度も登場している英語の「be」動詞です。
※ スペイン語は「Ser」と「Estar」の二つのbe動詞があります。
  使い分けはけっこう奥が深いのですが、簡単に言ってしまうと
  Estarは変化する状態(いる場所、気分など)、
  Serは変化しない状態(名前、人種など)を指すことが多いです。
Unは英語の「a」と同じ冠詞で、あえて訳すなら「ひとつの」ですが、
 英語の「a」と同じように、日本語訳では飛ばした方が
 違和感がないことが多いです。
 スペイン語は女性名詞と男性名詞がありますので、
 女性名詞の前では「una」、男性名詞の前では「un」を使います。
Ceroは、数字の「ゼロ(0)」です。
aは、英語の「to」と同じで、「~に」という意味です。
Laは、英語の「the」と同じ、女性名詞用の冠詞です。
 後の単語「izquierda」は女性名詞なので「la」をつけます。
 後の単語が男性名詞の場合は「el」を使います。
Izquierdaは「左」という意味の単語です。

では、Ser un cero a la izquierdaの意味は・・・

意味がない」「影響力がない」というような意味です。

例文:
Estudio mucho porque en el futuro no quiero ser un cero a la izquierda.
→取るに足らない人間にならないように、今たくさん勉強している。

Tus comentarios negativos son un cero a la izquierda para nosotros.
→あなたのネガティブな発言は私たちにとって何の意味も持たない。


由来は、もうお分かりかもしれませんが、数字の左にゼロを付けても変わらない、意味がないからですね。

スペインは「情熱の国」というイメージがありますが、このような理論的(?)な慣用句もあるのです。(失礼?(笑))

スペインは、ピカソやサルバドール・ダリ、アントニオ・ガウディなどの偉大な芸術家を輩出した地です。

ガウディの専門である建築などはもちろん数学を使いますから、スペイン人は案外数学好きだったりするのかもしれませんね。


メキシコ料理、サン・ミゲルにて
lunch-sanmiguel.jpg


参考ページ(英語/スペイン語)
https://www.academia.andaluza.net/practicar/ser-un-cero-la-izquierda/
https://en.wiktionary.org/wiki/cero_a_la_izquierda



スポンサーリンク






nice!(249)  コメント(0) 

nice! 249

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。