So-net無料ブログ作成

Tener sangre azul, Buscar el príncipe azulの意味、由来、例文 [スペイン語の慣用句]

今日もスペイン語の慣用句を紹介したいと思います。
色を使ったシンプルで面白い慣用句です。

他のスペイン語の慣用句はこちら
随時更新中です!

今回は"Tener sangre azul"という表現。

そのままの意味だと、「青い血を持つ」ですが、どんな意味でしょうか・・・。
宇宙人??と思ってしまいますが、違います(笑)

Tenerは「持つ」「保持する」というような意味の動詞。
Sangreは「血」。
Azulは色の「青」です。

では、Tener sangre azulとはどういう意味なのか?

なんと、「高貴な家系の人」という意味です。

なぜ「血が青い」と「高貴な家系」、という意味になるのか?

由来には諸説あるようです。
一説は、農民などの一般人が外で働くのに対して、高貴な家系の者は屋内にいたり、日傘をさしていたため、肌が白く、静脈の青色が透けて見えたため、という説です。
もう一つの説は、高貴な人の気高さを空の色に例えて言ったという説です。

由来を聞くとなるほど、と思うかもしれませんが、日本語で「青い血」なんて言うとちょっと気味が悪い気がしてしまいますよね。

高貴な家系と、良い意味で使うこともあると思いますが、現代では、お金持ちでちょっと鼻につくような、ネガティブな意味でこの慣用句が使われることが多いと思います。


関連する表現として、「"Buscar el príncipe azul"」というものがあります。

Buscarは「探す」という動詞。
elは英語の「the」と同じように使われる冠詞で、男性名詞の前で使います。
Príncipeは「王子様」。英語のPrinceと同じ意味です。
Azulは先ほども出てきた「青」。

青い王子様を探す」という直訳になりますが、
その意味は「完璧な男性を探す」という意味です。

青い血を持つ王子様ということで、日本語で言う「白馬の王子様」のような意味になるわけです。


例文:
Ella busca el el príncipe azul por muchos años.
→彼女はもう何年も完璧な男性を探している。

¿Por qué no quieres comer en un restaurante barato? ¿Tienes sangre azul?
→安いレストランで外食したくないなんて、君は高貴な家の人なのかい?



メキシコ、グアナファト
TeatroJuarez.jpg


参考ページ(英語/スペイン語)
https://culturizando.com/se-dice-los-reyes-tienen-sangre-azul/
https://blogs.20minutos.es/yaestaellistoquetodolosabe/tag/tener-la-sangre-azul/
https://www.happylanguages.co.uk/spanish-idiom-tener-sangre-azul/


スポンサーリンク






nice!(287)  コメント(5) 

nice! 287

コメント 5

starwars2015

スペインでは「青色」が高貴ですぐれているイメージがあるんですね。
日本だと冠位十二階の紫かな?
by starwars2015 (2019-07-22 07:51) 

Edy

starwars2015さん
コメントありがとうございます!
日本の冠位十二階でも紫や青が上位になっていて、なんとなく共通点があるのは面白いですね!
by Edy (2019-07-27 17:06) 

リス太郎

中国では清朝の時代までは黄色が高貴な色でしたが、革命により黄色は皇帝の色であるため好色という意味に変えました。つまり黄色=ピンク。(黄色電影=ピンク映画)
by リス太郎 (2019-07-31 19:47) 

Edy

リス太郎さん
お久しぶりです!コメントありがとうございます!
中国ではそうなんですか。黄色にそのようなイメージはなかったですね~
by Edy (2019-07-31 22:59) 

coco030705

ヨーロッパでは青は貴重な色だったんですね。フェルメールも青を好んで使っていますものね。白い肌に静脈が透けて見える、というは納得のご説明でした。興味深い解説を有難うございました。
by coco030705 (2019-08-05 21:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。